ビジネス実践 ビジネス英語 英語フレーズ

【ビジネス英語】SUITSで学ぶ英語フレーズ

更新日:

 

SUITSで学ぶ英語フレーズ_0002 フレーズ

I've got to get my shit together.

「何とかしなきゃ」

 

:drawing_pin:have got to do…~しなくてはいけない(=have to do)

:drawing_pin:get A together…Aをなんとかするmy shitは身の回りのことを指しそれをまとめる、つまり自分の身の回りのことをなんとかしなきゃというシーンです。

 

SUITSで学ぶ英語フレーズ_0002 解説

 

have to doとmustの違いって何?

まず、mustは「助動詞」です。

 

助動詞は「可能性」を表すのが役割であり、

その中でも「must」は95%ほどの可能性を示します。

 

ここでの可能性というのは「主観性」を帯びています。

 

だから否定文では「~してはいけない」と、

禁止を意味するフレーズになるわけです。

 

対して、「have to」には、

状況などを帯びる「have」が付いているだけあり、

ルールや義務、法律、常識など、

そういうのが当たり前とされているニュアンスが含まれます。

 

だから、

  • 肯定文…「しないといけない」
  • 否定文…「しなくてもいい」

となります。

 

 

shitって汚い英語なの?

もちろんshitは汚い言葉なんですけど、

ネイティブスピーカーの間では口語で強調としてしばしば使われます。

 

get my shit togetherはもともとは、

get mine together「自分の物事をきちんとする」

というフレーズから来ています。

 

ちなみに、

get your shit togetherは

get yours together「あなたの物事をきちんとしなさい」

つまり「ちゃんとしろよ!」という意味になります。

 

この、mine/yoursを強調したいからshitを使うわけです。

 

 

SUITSで学ぶ英語フレーズ_0003 クイズ

I almost got caught today.

 

次のページへ >

Google AdSense

Google AdSense

-ビジネス実践, ビジネス英語, 英語フレーズ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 複業サラリーマンが、英語「で」生きるを体現 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.