スピーキング 英語学習

【英語スピーキング】シャドーイングが英語力を上げる3つのメリット

投稿日:

 

あなた
シャドーイングって聞いたことはあるけど…
じゃあ今回は詳しく説明してみようか!
ざきやま

 

英語学習しているあなたにとってシャドーイングは

切っても切り離せない恋人のような存在です。(適当)

 

実際に昨今の英語教育業界では、

英語のスピーキングにフォーカスされていますし

そこにはシャドーイングは必要不可欠な存在となっています。

 

この記事では、

  • 英語を話せるようになりたい!
  • けど何をやったらいいか分からない…

そんなあなたにぴったりな記事です。

 

英語力を上げるシャドーイングとは何か

シャドーイング(Shadowing)とは、

  • 英語を聞きながらそれと同じように
  • 影のように追いかけるように真似する

といった、もともとは通訳のための練習法です。

 

英語力を上げるシャドーイングが特別である理由

英語を聞き終わってから

Repeat after me.

みたいな繰り返すのと異なり、

影のように同じスピードで話すのがポイントです。

 

聞くと同時に発音する難易度のかなり高い練習法なため、

特に英語初心者の方はこちらの記事でポイントを押さえてから

シャドーイングで練習をするようにしましょう。

【英語スピーキング】シャドーイングする前に音読をするべき3つの理由‎

 

英語力を上げるシャドーイングをする5つのステップ

むやみやたらにシャドーイングをしても効果が出ないんですよね…

だからこそちゃんとした手順を踏むことが大事になってきます。

 

  1. まずはテキストを見ないでリスニングする
    やっぱり最初は英語をそのまま聞いてみましょう。
    英語の内容をざっくりでいいので把握できるかチャレンジしてみてください。
  2. シャドーイングをする(1回目)
    実際に英語でシャドーイングをするのですが、聞こえてくる通りに発音してみましょう。
    ここでのポイントは自分の音声を録音することです。
  3. 録音した音声を確認する
    さっき録音した自分の音声を聞いて、実際のネイティブの音源と何が違うのかを洗い出しましょう。
  4. テキストを確認する
    音声のテキストを見て答え合わせをします。
    英語の内容を把握したり、聞き取れなかった単語や知らない単語の意味を確認しましょう。
  5. シャドーイングをする(2回目)
    再度テキストを見ずに2回目のシャドーイングをしましょう。(+録音もしましょう)
    全体の把握、分からない単語をクリアにした後なので、1回目よりも上手くできているはずです。

 

この5つの手順がセットになっていますが、

もちろん練習が足りなければ何度やってもOKです。

 

できないことをできるようになるまでがセットです。

 

英語力を上げるシャドーイングで得られる3つのメリット

シャドーイングはもちろん

使いようによって効果は変わってきますが、

主に3つのメリットが得られるのがポイントです。

 

英語のリスニング力が上がりやすい

こちらの記事でもお話しましたが、

英語を理解しながら音読するスピードこそが

英語をリスニングできるスピードのMAXなんですね。

 

つまりシャドーイングが間接的に

英語のリスニング力にも影響してくるのです。

 

これってすごいメリットですよね!

 

英語のスピーキング力に直結しやすい

当たり前ですが「話す」ことにコミットしているので

英語のスピーキング力にもしっかり比例してきます。

 

英語のリズムでしっかり練習するので、

英語特有のイントネーションやリズムだけではく

英語ネイティブの外国人の発音にも近付くことが可能です。

 

言いかえると相手に伝わる英語力が付きます。

 

留学に行っても英語力が上がらない人は

ここのポイントをおさえれてないからなんですね。

 

英語の語彙力も同時に増えていく

英語をシャドーイングしていると

当然ですが分からない英単語やフレーズに出会います。

 

この時こそあなたの英語力アップの瞬間です。

 

ただシンプルに単語を覚える以上に

圧倒的に効率よく脳に記憶することができ、

それを身体で覚えるため口から出やすくなります。

 

だからこそ聞き取れなかった英単語や

今まで知らなかった英単語に出会った時は

必ず辞書やネットで調べるという習慣を付けましょう。

 

英語力を上げるシャドーイングで気を付けるべき3つのポイント

英語でシャドーイングするにあたって、

とても大事なポイントを3つご紹介していきます。

 

シャドーイングだけではなく、

英語学習全般に言えるポイントなので

しっかりと続きを読んでいってください。

 

英語のスピーキングはリラックスした状態で話す

英語のスピーキングの鉄則です。

口の中をリラックスした状態で話すようにしましょう。

 

あなた
え!口の形を意識しなさいって言われたことあるよ!
だからいつまで経っても英語が話せないんだよ。
ざきやま

 

非常に多くの英語学習者さんたちが間違えるポイントです。

 

口の中が緊張している状態だと、

次に来る音や単語、フレーズが言いづらくなり

スムースにスピーキングできないみたいな現象が起こります。

 

めちゃくちゃ練習を積み重ねれば

スムーズに話せるようになるよ!

というのは合っているのですが非効率です。

 

日本語でも話している時はリラックスしていますよね?

英語だけではなく外国人が母国語を話す時は

必ず口がリラックスしていることに気付いてください。

 

こちらの記事も面白いので一緒に一読してください。

 

【英語スピーキング】英語の発音は「のど」から

 

英語をシャドーイングする際は自分の声を録音する

英語でシャドーイングするポイントは

ここに全てが詰まっていると言っても過言ではないです。

 

武井壮がTV番組で言っていたことで興味深かったのが

目をつぶって腕を肩の位置まで持ってきてください

と言ってできた人がほとんどいなかったということです。

 

頭の中で動かしている自分の身体と

実際に動かしている自分の身体に乖離がある

ということです。

 

自分の身体を自由に使いこなすというのはこういうことです。

 

これが英語学習でも同じなんですね。

自分が発している声って頭蓋骨を通じて聞こえていますよね?

 

あなた
でも録音した声を聞くと全然違うくてゾワッてする…
それは自分が思っていた声と違うからだね。
ざきやま

 

もし全員が全員、自分の身体を使いこなすことができれば

野球でピッチャーはコントロール抜群だし

歌もみんなプロ歌手並みに上手だし

っていうことになっちゃいますよね。

 

でも現実はそうじゃない。

だからこそ乖離を無くす必要がある。

 

それが自分の録音を聞いてネイティブと比べるということ。

 

 

英語のシャドーイングは必ず自分のレベルに合わせる

英語のレベルをいきなり難しいものを選んでもよくありません。

シャドーイングを通して頭の中に英語の意味のカタマリで

インプットできるようになれば理想です。

 

英語の音が耳に入って前から順番に理解できるような

自分のレベルに合ったものを選びましょう。

 

英語力を上げるシャドーイングにオススメのテキスト

よく「オススメの本は何ですか?」と聞かれるのですが…

正直何でもOKです。

 

聞きたかった回答じゃないのは重々承知なんですけど、

本当の本当に何でもいいんです。

 

なぜならシャドーイングは練習法であって、

英語力の中身をどうこうしてくれるものではないからです。

 

英語の音を理解したり…

英語を意味のカタマリでとらえたり…

こういうところで質が問われるのは自然です。

シャドーイングは上記を前提に練習するだけなのです。

 

しかしその練習にちょうどいいテキストはあります。

それが瞬間英作文トレーニングです。

 

 

シンプルにこのテキストの何が良いかって…

  • 短い英文で取り組みやすい
  • 日本語→英語への英作スキル
  • CD音源でシャドーイングに最適

これが他のテキストよりも最適であることですね。

 

ぜひ購入してみてください。

 

英語力を上げるシャドーイングのまとめ

この記事をまとめると、

  • シャドーイングはリスニング力、スピーキング力にプラス
  • シャドーイングをする前に必ず、英語の音の理解と意味のカタマリで理解する
  • 自分のレベルに合ったテキストを使って何度も練習することで上記との相乗効果が得られる

 

いかがでしたでしょうか。

英語力を上げるためのシャドーイングの理解度が深まったかと思います。

 

しかしやはり英語の音を理解し、

英語を意味のカタマリでとらえることが

必要前提条件であることは間違えないでください。

 

そうすることでシャドーイングの効果が断然違ってきます。

 

もしこの記事が気に入ったらぜひこちらも一読くださいませ。

 

【英語スピーキング】シャドーイングする前に音読をするべき3つの理由

-スピーキング, 英語学習
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 複業サラリーマンが、英語「で」生きるを体現 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.