スピーキング リーディング 英語学習

【英語リーディング】速読力のコツはゆっくり音読?

更新日:

 

あなた
初見の英文もスラスラ読みたい!

 

こういう生徒さんが結構いらっしゃいます。

そんな生徒さんに必ずといっていいほどお伝えするのは…

 

ざきやま
ゆっくり読んでください。

 

速く読みたいのであればゆっくり読むことが

何より英語をスラスラと読んだり話すコツである

ということをこの記事ではご紹介していきたいと思います。

 

まずは「速読≠速く読む」ということを理解してください。

 

英語を速読で音読する3つのメリット

英語を速読するには音読がかなり有効です。

 

数多くの英語学習法が確立されていますが、

その中でも音読は使いようで一番効率的だと言えます。

 

英語を音読するスピードは英語を理解するスピード

英語を英語のまま理解するというのは

どういう状態のことを言うと思いますか?

 

例えば英文をリーディングもしくは音読していて

  • 一つの英文を何度も読み直す
  • 日本語に置き換える

みたいなことをしている内はまだ日本語で考えている証拠です。

 

一回で英文をそのまま読んだまま理解できるのが

英語を英語で理解しているということですよね!

 

つまりこれを言いかえれば、

英語を音読するスピードは英語を理解するスピードに等しい

ということが言い切れます。

 

英語を速読で音読できればリスニング力につながる

英語を英語のまま理解できる恩恵はとてつもなく大きくて、

今度はリスニングでも同じ現象が起き始めます。

 

英語を英語のままリスニングして理解することができる。

 

こんなことが可能になってしまいます。

音読は日本人が一番苦手とするリスニングの解決策だと思っています。

 

だからこそ音読をここまで推奨しているんですね。

 

英語を速読で音読できればスピーキング力につながる

英語を英語のまま理解できる…

英語を英語のままリスニングできる…

 

ここまでくると今度は

英語を英語のままスピーキングできるようになります。

 

もう日本語→英語のプロセスを踏む必要がないんです。

頭の中のメッセージを英語というフィルターを通して伝えることができます。

(日本語フィルターを通す必要がない)

 

ここまで来ればもう怖いものありませんよね?

 

英語を速読で音読する際に気を付ける2つのポイント

当然なんですけど、

じゃあ音読しまくればいいんだ!

というわけではないんですよ。

 

どの英語学習スクールも教えてくれない

英語力を総合的にアップする音読ポイントをご紹介します。

 

8割スピードで音読し2割の余裕で先読みする

冒頭でもお伝えしましたが、

決して「速読≠速く読む」ではないんですよ。

 

問題なのは、

急いで読もうとして単語単語で詰まったり

日本語英語(カタカナ英語)で発音してしまったり

ということの方が大きいんです。

 

初見の英語の文章でもスラスラ読めるようになりたい!

というのがあなたの目指すべき道ですよね?

 

言いかえれば日本語を読むように英語を読みたいんです。

 

意外に気が付いていない方も多いのですが、

日本語を読む時って目で先読みしているんですよ。

 

余裕があるからです。

 

読みにくい箇所(漢字とか)があれば詰まりますけど、

もちろん読みながら目で先を読んでいるのも事実です。

 

だからこそいつも生徒さんには

8割のスピードと2割の余裕で先読みしながら音読しましょう

とお伝えしています。

 

英語を前から意味のカタマリで区切って音読する

もう一つ大切なポイントが、

英語を意味のカタマリで区切ることです。

 

日本語だと「句読点で間を置く」ということに近いのかもしれません。

 

英語は音の言語というのもあって

前から順番に理解するということが大事なのですが、

だからこそ意味のカタマリを意識することが重要になってきます。

 

例えば、

I used to study abroad in the US to study business when I was 19 years old.

 

という文章は以下のように区切ることができます。

  • I used to study abroad(私はかつて留学をしました)
  • in the US(アメリカに)
  • to study business(ビジネスを学びに)
  • when I was 19 years old.(19歳の頃)

 

これを音読の練習から意識することで、

英語を英語のまま前から順番に理解しようとします。

 

そしてそれがいずれリスニング、スピーキングにつながります。

 

英語を速読で音読する初心者向きおすすめサイト

あなた
じゃあ音読するのに良い教材ってある?
あるよ!
ざきやま

 

ざきやまが英語指導している中で心がけているのは、

50 wordsくらいの素材を選ぶということです。

 

1文っていうのも短いなぁ…

長文読むのもしんどいよなぁ…

という生徒さん目線の意見を鑑みて出した答えが50 wordsです。

 

英検準2級 2次試験(50~60 words)

英検準2級ってちょうどいいんですよねぇ。

 

初心者にとってはレベルが高く、

かといって中級者にとっても質が高い…

 

英文の長さや英単語のレベルという観点で

練習素材としては最高なあんばいだと思います。

 

準2級の過去問・対策 - 二次試験(問題サンプル)

Recycling

These days, recycling is becoming common in people's daily lives. Most towns and cities collect cans and plastic bottles for recycling. Many families use products made from recycled paper, and in this way, they try to make the environment better. It is becoming more important to take care of the environment. (51 words)

準2級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

 

英検のウェブサイトに掲載されている準2級のスピーキングサンプルも

51 wordsと音読するのにちょうど良い長さとなっています。

 

英検準2級 ライティング(50~60 words)

同様の理由でライティングもオススメです。

50~60 wordsで書き上げないといけないライティングですが

自分で解いた後に音読してみるというのもまたありだと思います。

 

10秒news(30~50 words)

それでもちょっと長いなぁ…

と感じる人のために最強の教材をご紹介します。

 

ざきやま
しかも無料ね。
最高じゃん…
あなた

 

10秒ニュース | 小西麻亜耶の英語学習ブログ

 

ちなみにこのメディアを運営している小西麻亜耶さん…

コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業しています。

(さすが言語学!)

 

そんな彼女のメディアをざきやまがオススメするポイントは…

  • 適度な英文レベルでリスニング力も鍛えられる
  • 時事ニュースも一緒に取り入れることができる

 

英語の音読でリスニング力も一緒に鍛えられるって最高じゃないですか?

忙しいビジネスマンにもおすすめです。

 

英語を速読で音読するまとめ

  • 英語を英語で理解できるようになる
  • リスニングやスピーキングにもつながる
  • 8割スピードで音読+2割の余裕で先読みする
  • 意味のカタマリで区切って音読するようにする
  • 50 wordsくらいの英文を選んで音読するようにする
  • 10秒ニュースは短くてお手軽なのにクオリティーも高い

 

いかがでしたでしょうか。

英語を音読する上でポイントを抑えるだけで

リスニングにもスピーキングにも汎用性が高くなります。

 

むやみやたらに音読しよう!

みたいな発想では英語力は絶対に上がりません。

 

ぜひ2割の余裕を持って音読してみてください!

 

この記事が気に入って今度は発音にも興味あるぞ!

という方はぜひ以下の記事も一緒に読んでみてください。

【英語発音】出川イングリッシュはメリットよりもデメリットの方が大きい話

Google AdSense

Google AdSense

-スピーキング, リーディング, 英語学習
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 複業サラリーマンが、英語「で」生きるを体現 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.