れから心機一転して英語を始めてペラペラになりたい、
またはもう英語を勉強しているけどあまり伸びなくて悩んでいる…。

そんな方へ朗報です。

英語には「王道」というのが存在します。

 

英語をペラペラ話せるようになるためには、これ以外に手段はありません。

それを今回ご紹介しましょう。

 

 

王道の英単語帳とは

 

残念ながらあなたの持っている単語帳…

今すぐ捨ててください。

覚えても使えない単語帳なんていらないでしょ?

大学受験のための受験英語、
TOEICのための無駄な英語、
留学するためのアカデミック英語…

 

全ての単語帳がそれぞれの目的のために、
英単語の傾向を寄せているのです。

分かりますか?

偏った英語を学ぶのを今すぐやめましょう。

まず一番始めにとりかかるべき単語帳はこちらです。

 

 

GSL (General Service List)

 

イギリスの言語学者、マイケル・ウェスト(1888-1973)さんが1953年に発表した、
辞書のまた大元となる基本単語リスト。

なんとこのGSL英単語を覚えると、
日常英単語の80%をカバーすることになっております。

つまり今まであなたが使っていた英単語帳と段違いに良質なわけです。

 

クイズでマスターするGSL基本英単語2000

 

 

AWL (Academic Word List)

 

ニュージーランドのビクトリア大学教授であるアヴリル・コックスヘッド教授が、
英語圏の大学の教科書に出てくる単語(約350万語)を頻度別に分析し、
2000年に発表した570語のアカデミック英単語リストです。

これがいわゆる海外留学用の英単語、
TOEFLやIELTSといったテストに必要な英単語です。

 

先ほどのGSLと合わせて、日常英単語の87%をカバーすることになり、
この2つは分かれているようでセットです。

 

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 

 

おまけにリストをあげちゃいます

 

そして「英語をある程度している人」に朗報です。

今さら単語帳を買うのもなぁとためらう方もいらっしゃると思います。

 

そんなあなたには、リストを無料で差し上げております。

EAP (English for Academic Purpose) というウェブサイトにて、
無料でGSLやAWLの英単語リストを提供しています。

 

主な使い方は、単語チェックです。

  1. GSLとAWLの英単語帳を使って暗記する。
  2. GSLとAWLのリストを使って、知らない単語をピックアップする。
  3. 分からない単語だけを集めて、自分だけの単語帳を作る。

英語学習が初めての方はから。

単語をある程度知っている方はから。

このようにあなたのレベルに合った学習法を見つけることで、
あなたの英語学習のスピードを上げます。

 

ダウンロードは以下から。
↓↓

● GSL英単語リスト(頻出順)

ダウンロード:GSL英単語リスト(頻出順)
ソース:http://www.eapfoundation.com/vocab/general/gsl/frequency/

● AWL英単語リスト

ダウンロード:AWL英単語リスト
ソース:http://www.eapfoundation.com/vocab/academic/awllists/

 

 

王道の英文法・語法テキストとは

 

文法はいわば英語のルールです。

ルールを細かく見る人はいないですし、
かと言ってルールを無視して始める人もいないですよね。

つまりルールは必要不可欠です。

 

そこで必ず踏むべきステップというのがあります。

  1. 読んで理解する。
  2. 実際に理解しているかチェックする。

当然のことですよね。

なんのために学ぶかといえば、
英語を実際にペラペラ使うためにやるわけです。

 

 

一億人の英文法

 

はじめの第一歩の「読んで理解する」ステージです。

英語をこれから始める人はこれをしないと、
後々後悔することになります。

なぜなら一生英語にコンプレックスを感じることになるからです。

 

いつまで経っても、英語ができるできないの壁に
悩まなくてはいけないことになります。

文法さえしっかりしていれば、
あとはレベルアップしていくだけです。

一番最初にすべき文法をきちんと学ばないから、
いつかつまづくことになるんですね。

 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

まずはこの一億人の英文法を、
英語学習を始める最初の1ヶ月でしっかり読み込んでください。

何回読んでもいいですが、
1週間で読み切るペースが良いです。

 

 

マーフィーのケンブリッジ英文法

 

そして次の「実際に理解しているかチェックする」ステージ。

王道中の王道を選びました。

語学留学なんて行く必要ありませんし、
なんならざきやまが教えるやり方の方が正しいです。

中には間違いを教えている場所もあります。

 

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)第3版 (Basic Grammar in Use)

 

2ヶ月くらいかけて、このテキストを解きまくります。

同じテキストには一生戻らないでください。

そうしないと、あなたは一生「英語を勉強する」ことになります。

そんなの嫌でしょう?

 

 

あとがき

 

これらの英語学習法をもっとシンプルに
しかもたったの1週間で英語脳をマスターしたい…

もしあなたがそう思うのであれば、
ぜひ以下のページからお申し込みください。

 

今までの英語学習は何だったの?

その答えを知ることができます。

 

2,000万円も価値のある英文法講座となっております。

海外有名大学で言語学を4年間学んだ、
ざきやまの留学生活の集大成です。

正直いつまで無料でご提供できるか分かりません…。

 

今このチャンスをお見逃しなく。
↓↓↓

 

 

 

更新日:

Copyright© 複業サラリーマンが、英語「で」生きるを体現 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.