スピーキング リスニング 英語学習

【英語スピーキング】英語の発音は「のど」から

更新日:

 

あなたの風邪の話をしているのではありません。

英語の発音向上の秘訣は、実は「のど」に答えがありました。

 

のどを使うだけであなたの発音が上手くなるだけでなく、

もちろんリスニングもびっくりするほど向上します。

 

なぜ「のど」が良いのか?

そこにフォーカスを置いていない人も多いので、

ざきやまがこの記事で言語学的に解明していきたいと思います。

 

あなたがもし、

  • 英語の発音がいまいち上手くならない
  • 英語が途切れ途切れになっちゃう
  • 相手に何度も聞き返されてしまう

こんな経験をお持ちであればこのまま読み進めてください。

 

英語の発音を良くするために必要なこと

言語学の世界では当たり前のことなんですが、

英語の発音を向上させるには3つの要素に分解して

原因追及するのが良いとされています。

 

英語の発音は3つの要素で成り立っている

言語学には以下の方程式があります。

 

Place of articulation × Manner of articulation

(調音位置 × 調音様式)

 

つまり言いかえると、

どこの部分でどうやって音を震わせるか。

ここに空気の量3つ目の要素が加わります。

 

発音する場所を総じてVocal tract(声道)と言うのですが、

のどをしっかり使わないと英語の音ができません。

 

英語の発音は日本語より複雑で、

のどに近いところで発音するものも多いため、

のどをしっかり開かないと出せない音もあります。

 

そのため、英語をネイティブのように話せるようになるには、

のどというのは大切なキーポイントとなるんですね。

 

英語の音には大きく分けて2種類ある

また英語の質に注目してみたいと思います。

 

よく子音と母音という風に分けられることが多いのですが、

それだけだと浅い見解になってしまいます。

 

英語の音の質に注目してみると、

無声音有声音という2種類が存在するのが分かります。

 

普段あなたが会話をしていると

喉ぼとけが震えているんじゃないかと思います。

それが有声音であるということです。

 

対して無声音は喉ぼとけが震えないんですね。

 

つまり発音の向上のヒントは

無声音と有声音の2種類のスキルを上げる

ということにあります。

 

英語の発音がうまくなる英語喉とは

英語喉を提唱しているのが、上川一秋さん。

通称、カズさん。

 

この方は大学生の頃からずっと「喉発音」という仮説を提唱し続け、

実際、生徒さんに大きな成果が見られています。

 

 

ざきやまが海外で見てきた中でも

日本人に限らず中国人、韓国人でも全く同じで、

のどが使えている人は単語力や文法力に関わらず上手です。

 

ちなみに言うと賢さも全く関係ありません。

(トランプ大統領を見れば分かりますよね)

 

英語喉が発音の質を一気に上げる3つのポイント

じゃあ英語喉が発音にどう影響してくるの?

というのがこの記事の大きなポイントになりますが、

英語喉は喉をゆるめるということが特徴です。

 

そしてそれは言語学的にも理にかなっています。

 

日本人の苦手な英語の母音が上手くなる

これこそが英語喉の秘密です。

日本人の苦手な英語の母音が上手くなるんです。

 

先ほど英語の2種類の音質についてお話しましたが

英語喉はこの有声音と深く関係があります。

(※母音だけではなく一部の子音も有声音に含まれます)

 

 

このように国際音声記号(IPA)というのがあり、

赤い丸で囲ったところがだいたいの日本語の母音。

 

一方、青色で囲っているのが、

いわゆる英語に特有な「あいまい母音」

と呼ばれる母音たちです。

 

よく不意に「えっ」とか「あっ」とか

口から出てしまうことがあると思うのですが、

あれが「あいまい母音」に近いです。

 

ど真ん中がシュワサウンド [ə] と呼ばれるもので

どの音よりもニュートラルである。

つまり一番力が加わらない音なのです。

(※力量0とします)

 

そこを支点に、

あいまい母音までの長さが1とすると

赤い丸の日本語の母音までは2くらいです。

 

つまり2倍の力が必要だから

Tense Soundsと呼ばれるんですね。

 

よく生徒には、

全角カタカナ「アイウエオ」を

半角カタカナ「アイウエオ」に置き換えてください。

って言うとだいたい上手くいきます。笑

 

ここで覚えておいてほしいのが

重要じゃないから「あいまい母音」なんですよ。

 

あいまい母音が難しいんです…

なんて質問が本質と食い違っています。

 

つまりそれくらいリラックスした状態で話しましょうということです。

 

初見の英文でもスラスラ読めるようになる

基本「会話」というのは止まらないのが原則で、

  • 無声音の子音で止まる
  • 意味のカタマリで止まる
  • 文章の終わりで止まる

などの条件があって初めて止まります。

 

しかし多くの人たちは、

読めないから止まっちゃいます。

だから不自然なんですね。

 

そして原則止まらないということを知ったあなたは

英語喉と組み合わせてスラスラ読めるようになります。

 

どういうことかと言うと、

I study English every day.

 

という文章が本当は、

IstudyEnglisheveryday.

 

という音の羅列に等しいということです。

 

イメージしてもらいたいのが、

スローモーションで話している時の

単語と単語のつなげ方に注目してください。

 

音から音へ移る時というのは

ほとんど必ずあいまいな母音を通ります。

だから英語喉が効いてくるわけです。

 

たいがいの人が単語ごとに止まっちゃいます。

 

ここで英語喉を意識してリラックスした状態だと

英文がスラスラ読めてしまうという現象が起きます。

(※これにもポイントがあるんですけどね)

 

相手に聞きやすく発音できるようになる

なんか当たり前のことを書いてますが、

英語特有の英語の音を出せるようになると

もちろん相手にも伝わりやすくなりますよね。

 

これってめちゃくちゃメリットです。

 

リラックスして話すのが大前提なので

伝わらなかったことによる緊張がゼロなのは

お互いにとってメリットだと言えます。

 

ちなみに十分な説明ができていないのですが、

もっと話が聞きたい!という方がいらっしゃれば

ざきやまの英語オンラインサロンでこういう話をしています。

 

英語喉を今すぐやるべき2つのメリット

シンプルに英語喉をやるというだけで

英語学習しているあなたに2つメリットが見込めてしまいます。

 

英語喉でリスニング力とスピーキング力が相乗効果で伸びる

他の記事でもご紹介していますが、

リスニング力とスピーキング力のベースとなるのが

  1. 英語の音を理解することができる
  2. 英語の意味のカタマリでとらえることができる

ことが大前提でした。

 

そして英語喉は1の英語の音への理解に直結します。

だから英語喉がリスニング力にもつながり、

当然ですがスピーキング力にも結果的につながります。

 

英語喉で発音ができると自信が付き信用も得らえる

海外に長くいると当然ですが

話を聞いてくれない外国人に出会います。

 

それは彼らが差別的にそうしているわけではなく

英語が聞こえないから面倒なんですね。

 

【英語発音】出川イングリッシュはメリットよりもデメリットの方が大きい話

 

 

それが英語喉でしっかり英語の音で会話をすると

今まで聞いてくれなかった外国人がぱっと耳を傾けてくれるんですよ。

ざきやまも実際にアメリカンおビジネススクールや部活で

そういう経験をしてきたのでよく分かります。

 

英語のレベルに関わらず英語喉で会話するということが

いかにメリットであるかを体験できるかと思います。

 

英語喉が使えている著名人5選

英語喉が実際に使えている人たちをご紹介します。

 

バイリンガールちか

皆さんご存知であろうバイリンガールちかさん。

 

日本語と英語を話している時の声の質が違うのが分かりますか?

(※よく英語を話している声が低いと言われていますが厳密には違います)

 

 

SONY - 平井一夫社長

東京出身の超エリートのイメージのあるSONYの平井一夫社長。

 

ざきやまが惚れ惚れとしてしまうくらいの英語力で、

世界を相手にビジネスをされている平井社長は憧れの的です。

 

 

平井社長の英語どうでしょう?

喉をしっかり開いて話しているだけで、

大きな世界を開いているようにも思えてしまいます。

 

 

宇多田ヒカル

やっぱり歌手の方は耳がいいからこそ

英語の音の再現もお上手なのでしょうか…?

 

歌手の中でも宇多田ヒカルさんはやっぱり

最高の声をお持ちだと思います。

 

 

Taka(ONE OK ROCK)

ワンオクのTakaさんも英語がお上手ですよね。

 

歌だけではなくインタビューの動画もよくあげられますが、

喉をしっかり開いてリラックスして発音できています。

 

 

赤西仁(Kat-Tun)

ひと昔前に言われていたのが赤西さん。

彼の英語もリラックスした状態でしっかり音を出せています。

 

これが英語喉ですね。

 

 

 

英語の発音を良くするための英語喉のまとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ざきやまが言語学的に英語喉をまとめると、

  • 英語の音質は無声音と有声音の2種類
  • 英語喉はその内の有声音の質に直結する
  • 有声音は英語のあいまい母音にかなり影響
  • あいまい母音はちなみに重要じゃないからあいまい

ということが分かりましたね。

 

言語学的にも非常に理にかなっている英語喉ですが

これをえらい昔から提唱し続けているカズさんはすごいと思います。

 

そんな英語喉さんの著書は、ざきやまのお気に入りです。

 

 

英語喉さんのYouTubeチャンネルもぜひ登録を!!

カズの英語発音教室・Eigonodo class

-スピーキング, リスニング, 英語学習
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 複業サラリーマンが、英語「で」生きるを体現 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.