フリーランス

【海外フリーランス】英語力で「好きなことで、生きていく」を可能にする

更新日:

英語学習者なら誰でも知っているでしょう、
バイリンガールちかさん。

いつも分かりやすく英語を教えてくださいますし、
コンテンツも面白いものばかりで人気なのもうなづけます。

 

そんなバイリンガールちかさんですが、
とても優秀で裕福なご家庭で育っています。

小さい頃からアメリカで育ち、もちろん大学も超有名大学のビジネススクール。

大手コンサルティング会社に就職までしました。

 

誰もが羨むようなエリート街道をまっすぐに進んでいきました。

 

が、しかし彼女は人生に満足していませんでした。

なぜだと思いますか?

 

YouTubeが2014年に始めたシリーズ「好きなことで、生きていく」ですが、
バイリンガールちかさんの動画をまずどうぞ。

 

 

動画の中でちかさんはこのように語っています。

 

コンサルティング会社で勤めていた当時は、
大きな組織の中で自分の存在価値がいまいち見えなかったんです。

 

 

 

やりがいと生きがいは違う

 

あなたという人間の存在価値って何ですか?

最近ざきやまがいろんな人を見ていく中で、
やりがい生きがいをはき違えている人があまりにも多い気がします。

人生で仕事に楽しみを感じられない人はおそらく、
仕事を生きがいにしようとしているからです。

「生きていくためには仕事しかない」

このように感じてしまっているからです。

 

本当にそうでしょうか?

好きなことで、生きていく…このシリーズのタイトルですが、
まさにバイリンガールちかさんが証明していませんか?

好きなことを世界中の人にシェアして反応してもらう。

インターネットというツールを使って、
あなたの存在価値をシェアするというだけで
生きていくことができるようになってしまう。

 

伝えたいこと、教えたいこと、見せたいものって誰にでもあると思うんですよ。
それを形にしてシェアすることによって、世界中の人が反応してくれる。
そんな動画作りがもう楽しくて楽しくて…もうめちゃくちゃはまってしまって。
気が付いたら会社も辞めちゃってました。

 

ここですごいポイントは、
バイリンガールちかさんの英語力です。

彼女の英語力がコンテンツ力を引き出しています。

コンテンツ内容をじっくり見ても、
正直何でもないようなことばかりなんですよ。

ただそれでも面白い。

理由はバイリンガールちかさんの動画演出と、
彼女の英語力によるコンテンツ的自由。

 

それを潜在的に世界全人口に配信することができちゃうんです。

ネットに生きるということは決して1人じゃないんです。

一人に見えますが、全然一人じゃないんです。
カメラの向こう側には15万人の友達がいるから。

 

2014年で15万人ものチャンネル登録者…
英語力の向こう側に憧れる人がこんなにもいるんです。

特に若い世代、これから社会に出る世代、
英語を使ってバイリンガールちかさんのように
世界のコンテンツを手に入れた。

こう思っているはずです。

 

しかも今やインターネットの時代です。

基本全てのことが無料ですることができちゃいます。

 

生きるということは結局最後はここに行き着くと思います。

あなたがどれだけ日々の人生を、
満面の笑顔で心から楽しいと思えるかどうか…

 

これを解決する方法はただ一つ、英語だけです。

 

 

 

 

世界に出て、QOLを上げる旅人になれ

 

バックパッカーをはじめとする「旅人」と呼ばれる人たちは、
世界を舞台に自分たちのQOLを上げることを楽しみにしています。

 

あなたのまだ見ぬ美しい世界を、その目で見るんです。

iPhoneのスクリーン越しに見るのとでは次元が違います。

 

大学生の間にバックパッカーする人が増えていますよね、
皆さん世界を楽しんでQOLを上げていると思います。

しかしざきやまからすれば足りません。

バックパッカーレベルだとまだまだQOLは低いです。

 

世界で、地球で遊ぶレベルではないからです。

理由は「英語力」です。

日本人のコミュニティ内で情報交換し、
どこの国がどうとかここが良いとかどうとか…

まだまだコンテンツに限りがあります。

 

 

 

日本語で生きることで世界が閉じている

 

世界で遊ぶのに日本語のコンテンツでいいの?

非常にもったいないと思いませんか?

 

中にはもちろん現地の路地に入ったりして、
いわば「ローカル」な店に入ったりする人もいるでしょう。

しかしそれって言いかえるなら、
日本で今にも潰れそうなオンボロの店に入って、
ただ古いというだけで「ローカル」と勘違いしている
外国人観光客と何ら変わりはありませんよね。

 

そんなコンテンツに価値はありません。

 

現地の人にしか分からない、
現地の人だから感じられる…

そんなコンテンツを手に入れることこそが価値です。

日本でそれを体現している人はいません。

 

 

Louis Cole(ルイス・コール)さんという方をご存知ですか?

以前、バイリンガールちかさんの動画で、
イギリス英語とアメリカ英語のアクセントタグで
ゲストとして登場されたことがあります。

 

そのルイスさんですが、彼はYouTuberとして活躍されています。

日本でのイメージのYouTuberとは違い、
彼は常に世界を旅行しているYouTuberです。

 

先ほどお話ししたバックパッカーとはレベルが違います。

なぜなら「英語ができる」から。

英語で世界中の人とコミュニケーションを取り、
現地の人でしか知りえない情報やコンテンツを手に入れています。

 

大学生がカタコトで話している英語じゃはっきり言って無駄です。

きちんとコミュニケーションを取れるからこそ、
その人となりが見えてくることがほとんどではないでしょうか。

言語能力というのは大事です。

 

知らない土地に行き、新しい人に出会い、
彼らの土地のその文化に触れ、感動する…。

ルイスさんはそれをまさに体現なさっていると思います。

バックパッカーして「あー良かったなぁ」と、
人生一度きりのレベルの話では全くないんですよ。

今を生きている。

そんな強いパワーをルイスさんから感じますし、
これこそがQOLの高い人物像だと思います。

 

英語を学ぶということはそれほど価値のあることです。

人生の質が低いまま生きているなんて、
毎日が変わらない人生なんて楽しいですか?

生きていると感じるためにも、英語始めませんか?

 

 

PS.

ルイスさんのYouTubeチャンネルはこちらから。

FunForLouis

 

PPS.

英語を学びたいけど、何から手を出せば良いのか分からない人は、
こちらからコンテンツ的自由の世界に飛び込んでください。

 

 

 

日々の努力が人生を変えてしまう

 

 

人生を変えろ、だなんて大きなお話に聞こえますか?

ざきやまは一切思いません。

 

この世は「必然」と「偶然」で成り立っていて、
これから言うお話は全て必然で起こすことができます。

あなたの人生を変えることは必然の出来事です。

 

今回のお話の主役はニーランドさんという男性、
彼は1年間で人生を変えてしまいました。

 

ニーランドさんは1年間のダンスの練習風景を、
タイムラプスで1本の動画にしてYouTubeにアップしました。

タイトルは、Guy learns to dance in a year! です。

日本語訳すると「男性が1年でダンスを学ぶ」ですが、
ニュアンスとしては、ある平凡な一男性という意味が込められています。

 

そして動画の最後をこのような言葉で締めています。

You don't have to be great to start, but you have to start to be great. — Zig Ziglar

 

何かを始めるのにあなたが優れている必要はない。
あなたがそうなるために始めるのだ。

ニーランドさんは実際に、毎日コツコツとダンスを練習し、
1年が過ぎる頃にはもう誰が見てもすごいレベルになっています。

 

1日たった少しの時間を何かに費やすだけで、
1年後には誰もが認めるレベルになっちゃうんですよ?

あなたの人生が変わるきっかけに他なりません。

 

噛み締めてください。

最後の言葉は、本当に人生の縮図と言えるほど影響力が大きいです。

今のあなたの人生がどうであろうと、
正直これからの人生にさほどの影響はないんです。

むしろ「これからのあなた」がどうするかが、
あなたの未来に大きく影響を与えるのは明らかですよね。

 

何かを始めるのにすごいもクソもないんです。

そんな議論自体がまさに生産性の全く無いクソで、
あなたの人生に何のプラスにもならないんです。

小さなことから始めましょう。
あなたができることから始めましょう。

あなたの人生を変えるのはあなた自身です。

 

ざきやま

Google AdSense

Google AdSense

-フリーランス

Copyright© 複業サラリーマンが、英語「で」生きるを体現 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.