英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

初めての方へ


はじめまして、ざきやまです。

あなたは今、人生楽しいですか?
英語学習のメリットは「誰でも年齢問わずに自由を手に入れられる」点です。

 

机に10分ですら向かえなかった
偏差値30の体育会系ゴリゴリの
脳みそ筋肉だった自分でもできたんです。

始めの頃が一番続かない時期ですよね、すごく分かります。

そこで、ほとんどの人が知らない
ビギナーのためのツール、コンテンツを提供しようと思います。

 

1.英単語

日常英会話の英単語、大学受験の英単語、TOEICやTOEFLなどの英単語…
ほとんどの人が使っている単語帳は何かしら偏っています。

なぜなら、実はそれの大元となる英単語のリストがあるんです。

GSLとAWLと呼ばれる英単語のリストを学べば、
当然のように英語の核から学ぶことができます。

GSL英単語(General Service List)

  • 話し言葉の80%、書き言葉の90%を占める単語リスト。
  • イギリス言語学者のMichael West (1888-1973) により公表(1953年)
  • 頻出順とアルファベット順の2種類あり。
  • 基本語2,000語に派生語1,500語。

ソースはこちら:

このGSL英単語で日常英会話の8割をカバーしているので、
基本困ることはありません。

AWL英単語 (Academic Word List)

  • ニュージーランドのヴィクトリア大学教授のAveril Coxheadが、大学の教科書に出てくる英単語約350万語を頻度別に並べた、アカデミック英単語リスト。
  • 570語の基本単語グループに、3,000単語以上含む。

ソースはこちら:
Victoria University of Wellington - Academic Word List

AWL英単語は大学などの論文に必要な英単語ですが、
GSLとAWLを合わせて日常会話の約9割をカバーしていることになります。

この2つは分けられているようでセットのものと考えてください。

 

・これから英語を始める人

クイズでマスターするGSL基本英単語2000 / 日向清人 著

日向清人さんがやっとGSLの英単語を出版したので、
今から英語を始める人は是非これから始めましょう。

ただ2,808円もするため、手を出しにくい方は
ターゲット1900からはじめてもらっても良いと思います。

ターゲット1900 / 旺文社

 

・もう英語を始めて一通りしている人

もう単語帳を一通りこなしている人には、
以下のリンクからGSLとAWLを綺麗にまとめてあるサイトがあるので、
そこから自分の単語をチェックしてください。

① 知らない単語があれば、自分の単語帳でチェックを入れる。
② それが、持ってる単語帳になければノートに書き写す。

そうすれば、効率良く英語を話せるように近づけます。

GSL英単語 頻出順 - EAP Foundation
GSL英単語 アルファベット順 - EAP Foundation
AWL英単語 アルファベット順 - EAP Foundation

 

2.英文法

文法はすなわち、英語のルールです。

ルールは何度も覚えているのが前提で、
されど長期間かけてするものではありません。

しかし文法ができないと英語は伸びません。

ですから効率よく短期間で済ませないとダメです。

初めて英語に取り組む人は、一通り知ってもらうことが大切です。

「知ってる」という感覚は、あなたの勉強の苦手意識を取っ払います。

 

一億人の英文法

この一冊を1ヶ月で読んで英語の幹を作ってもらい、
その幹に枝付けする感覚で、問題を解きまくります。

 

Next Stage(ネクステージ)

そこで勧めるのは大学受験用の参考書です。

理由は、市販のもので安く質の良い文法問題集だからです。

 

覚えておいてほしいのは、
6ヶ月は準備期間だと思っていてください。

何か相談したいことがあれば、
こちらからいつでもご連絡くださいね。

 

英語を学ぶことで得られる世界、
少しでも気になった方はこちらから
ざきやまのプロフィールを覗いてみてくださいね。

 

ざきやま