英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#136 アリババが教えてくれたQOL


ジャック・マーという人をご存知でしょうか。

現在、中国で一番のお金持ちの男の人です。

英語がかなり上手で有名な彼なんですが…
育ちが良かったのでしょうか。

良い教育を受けて、エリートコースをたどってきたのでしょうか。

 

いいえ、事実はそれとは全く逆でした。

The Greatest Gift you can give Yourself is the Gift of "Hope"

 

彼は中国の文化大革命の最盛期、貧しい家庭に生まれました。

もともと裕福であったわけではなかったんですね。

 

そして彼が十代の頃、何をしていたと思いますか?

ツアー客に、英語でガイドを、無料でしていました。

無料で、ですよ。

英語力を上げるため、たったこれだけのために。

 

 

それと同時に、やはり彼は
教育でしかこの貧困から抜け出すことは不可能である
ということを知っていました。

彼の言う「教育」とは、英語力が最前提でした。

だからこそ彼は、ガイドを無料ですることで英語を練習していたんですね。

 

そして彼は大学に出願をしましたが、
ことごとく不合格の文字を突き付けられました。

ハーバード大学にも10回出願しましたが、無念に終わりました…。

 

普通なら「ランクを落とそう」だったり、
なんなら「大学も諦めようかな」なんて思ってしまうのが普通だと思います。

しかし彼は、

Someday I should go teach there.

 

俺が教えなければ…
そんな使命感にまで駆られていました。

 

そして彼はさらに30社も入社を試みましたが、
全部の会社から言われた言葉は、毎回3つのワードでした。

You're no good.

 

お前じゃ役不足だ…
自分の存在価値まで奪われそうな一言です。

 

そしてこれは有名な話ですが、彼はKFCにまで申し込んでいます。

24人いた求職者たちの中、唯一彼だけがNOを突き付けられてしまいました。

しかし、これら全ての失敗は、彼を逆に燃え上がらせる一方…

 

1994年、インターネットが産声を上げたその年、
彼は衝撃を受けました。

彼はインターネットに衝撃を受けたのではなく、
ビールという検索ワードが中国で検索結果ゼロであったことに、です。

ゼロなんて…

 

しかし彼はそこから、e-commerceのオンラインマーケット、
というビジネスアイデアが頭に浮かびます。

検索結果がゼロであったことにむしろ参入価値を見出したわけです。

それが Alibaba(アリババ)でした。

 

もちろん最初は利益を生み出せるわけもなく、むしろ倒産寸前…
彼は窮地に立たされました。

そこで彼は17人の友人たちに彼のビジョンを伝え、投資を募りました。

まだ彼は自分のビジネスアイデアを信じていたのです。

 

その後すぐ、Alibabaは世界で最も大きいオンラインショッピングサイトとなり、
そして彼は現在、中国でもっとも裕福な男となっています。

彼の現在の推定純資産は、$31.4 billion、
つまり日本円にすると¥3.8617492 trillion = 約3.8兆円

 

彼の教訓はこうです。

It's never too late to believe in yourself.

 

 

どうですか?

彼は自分を信じ信じ信じ…他人に何をどう言われようが、
自分の情熱を伝え努力し頑張り続けました。

 

ざきやまは、彼はただ単に根気強く頑張ったのでは決してないと思っています。

理由は以下の2つです。

  1. 英語力によるコンテンツ的自由を見据えていた
  2. 誰もやっていないことを諦めずに続けた

英語力によるコンテンツ的自由を手に入れた後、
他人とうまく差異化したことを諦めずに続けたんですね。

それはもうお金持ちになって当然だと思います。

 

必然とでも呼べるでしょうか。

ざきやまは呼べると思います。

 

誰しも「運が良かった」「タイミングが良かった」など、
何か理由をつけて自分を納得させます。

違いますね。

 

ジャック・マーは方程式を守っただけなんです。

成功例は十人十色、しかし根本の方程式は全く同じです。

英語力によるコンテンツ的自由、ここまでのレベルにまで持ってくることが可能です。

 

ざきやまがこれに気付いた時、目の前の世界がまた広がりました。

留学で十分と思っていた自分の世界観より、
まだ先が見えるだなんて人生ワクワクでしかありません。

 

とりあえずですね、諦めることから始めませんか?

世界は本当に広いんです。

あなたの知らない世界なんて腐るほどありますよ。

 

ざきやま

-有名人・偉人