英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#133 旅行プランは立てるな

2017/09/11


旅行するのに、お友達と一緒にカフェなどでどこ行くやら何食べるやら、
そういった話で花を咲かせている人たちを度々見かけます。

 

非常にもったいないです。

机いっぱいに何冊も観光マップを広げて、何時にどこどこ回って、
このレストランがどうだ、この観光スポットはマストだ。

しかも何枚も付箋まで貼って…。

 

めっちゃださいです。

時間の無駄というか。

結局プランしている時間が一番楽しいわけです。

そして旅行し終わって「今回の旅行は大成功だね!」なんて…。

 

考えてみてください。

それって結局自分の知っている情報内でやりくりしているわけです。

コンテンツを制限しています。

本の、しかも日本語の情報なんて古かったり少なかったりと、
要はデメリットしかないのです。

特に旅行のこととなるとね。

 

旅行に行くのにも、時間とお金が制限されているのです。

その制限された中で、なぜまた制限されたコンテンツ量に飛び込みますか?

 

お仕事もある中、休みを取るのも難しいでしょう。

金銭的にも予算というものもあるでしょう。

十何万、二十何万円とお金を払うのに、なぜそんな無駄なことをするんですか?

 

何かを調べている時に日本語で調べるのはやめましょう。

あまりにもそんな人が多すぎる気がします。

シカゴで有名なレストランを調べたいのに
例えば「シカゴ レストラン オススメ」って…

出るわけないじゃないですか。

調べるなら「Chicago restaurants local favourites」で調べれば一発なわけですよ。

るるぶにも載っていないような情報が、
たったワンクリックで出てくるんです。

 

しかも何がって、コミュニケーションではないので、
読み取る力さえあればできることなんです。

読み取ることができれば、誰も知らないような情報コンテンツを
クリック一つで手に入れることができちゃうんです。

 

「ウチ英語話せないから〜」とかそんな話じゃないんです。

読むだけなんですから。

誰にでもできます。

※なんで関西の女やねんっていうツッコミはいりません。

 

ググれカス、とまでは言いませんが(言ってますが)、
それだけであなたのQOLが格段に上がってしまいます。

とんだライフハックですね…。

破壊力抜群です。

インターネットの時代だからこそできる技ですね。

 

もう一度話を戻します。

本で情報収集、特に旅行本などそういった移り変わりの激しいタイプのコンテンツは、すべて無駄です。

本を出版するのに、そんなすぐにできるとは思えません。

方や、インターネットだと、タイプして投稿ボタンを押してしまえば、
全世界に知れ渡ってしまう優れものです。

手軽だからこそ情報の流通も早いのです。

そんな情報コンテンツに飛び込むことが大事なわけです。

 

自由にコンテンツを手に入れるならインターネット。

そのコンテンツ力を最大限に発揮するためには英語。

散々言ってきましたね。

ざきやまのコンテンツ的自由、何よりもあなたのQOLを上げます。

 

ざきやま

-生活の質向上