英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#128 今のモチベーションを捨てろ

2017/05/30


今のモチベーションって何かありますか?

ダイエットしているなら、

  • 夏までにスリムボディにしたい
  • 好きな服をオシャレに着たい
  • 少しはモテに期待したい

いろいろあると思います。

 

英語の勉強でも同じですよね。

  • TOEICの点数を上げたい
  • 海外に通用するレベルになりたい
  • 外国人の友達を作りたい
  • かっこいいと言われたい

 

こういう憧れがあるのにも関わらずですね、
自らないがしろにしてしまう人が跡を絶ちません。

 

例えば、ダイエットをしている人だと、

  • ジムのあとにスタバ
  • 毎週、華金は飲み会
  • 美味しいものは欠かさない
  • スイーツは別腹
  • タバコとお酒は止められない

 

こういう人って、それがむしろモチベーションだと言っているんですよ。

ざきやまには信じられません。

だって自らQOLを下げに行っているじゃないですか。

そりゃあできなくて当然ですよね。

何を言っておるんだチミは、と思うわけです。

 

英語学習でも同じような人がたくさんいらっしゃいます。

  • テキストを買うだけで満足
  • 練習問題ばかりに目を取られる
  • それすらやらずに「実践重視」とか言ってスピーキング
  • と思ったら実際全く話さない
  • やれ留学だ、やれ英会話だ

 

こんなあちこち行くような人、目的地に着くわけがないじゃないですか。

一生マサラタウンの上の草むらでコラッタと戦っとけと思っちゃいます。

それで「英語ができない〜」なんて、
正直心の中で笑っちゃいます。

何を言っておるんだチミは、と思うわけです。(2回目)

 

心当たりはありませんか?

あなたにも何かひょっとしたら"無意識"の間に、何かしているのかもしれません。

 

そう、無意識だから怖いのです。

だって直しようが無いように聞こえますよね。

 

直す方法はたった1つだけあります。

紙に書き出してください。

 

自分が本当に獲得したいものは何か。

そのために何をするべきか。

何をモチベーションにするか。

 

そういったことです。

まさか心の底から痩せたいと本当に思っているのに、
スタバに行ってフラペチーノを頼むだなんて、矛盾したことは書けませんよね。

 

これが世の中の99%の人たちが目標達成できない理由の1つです。

 

だから「みんな同じ」なんです。

何も日本の集団行動教育のせいじゃ全くありません。

むしろあれは良いことです。

 

なぜ悪いかを考える時、人は他人に矢印を向ける傾向があります。

今回もその例の1つです。

あなた自身に矢印を向けてください。

 

高校の部活の監督が常々言っていました。

自分に矢印を向けろ。

本当に大事なマインドセットです。

 

人より秀でるということに、特別なことはいらないんです。

目標を明確にし、何が必要かを洗い出し、それを実行する。

もし何か欠陥があれば、それを直す。

 

それの繰り返しなんです。

何も、特別な才能なんていりません。

あなたの行動を見直す、非常に大切なことです。

 

矢印をあなたに向けてください。

 

ざきやま

-マインドセット