英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#119 知らないという幸せ

2017/05/11


哲学的ですが「知らないという選択肢がある」とおっしゃった方がいました。

別にコンテンツ的自由を得なくたって、幸せに暮らしている人はたくさんいると。

 

その通りだと思いますよ。

地元の友人も、解体屋やら工事現場で働いている人もいれば、
小さなバーやらこじんまりと開いている人もいますが、
みんな一人ひとり非常に幸せそうに暮らしています。

そして彼らのQOLは高いと思います。

 

今はね。

 

これからどういう時代が来るか、分かりますよね。

AIだったり、宇宙開発だったり、さまざまな研究開発によって、
世界が急速にどんどん変わっていっています。

 

今までだってそうだったじゃないですか。

誰がiPhoneのようなタッチスクリーンを想像できましたか?

誰が車を全自動で運転できると想像できましたか?

誰がドローンで空中撮影できると想像できましたか?

 

ネットの普及なんて一番すごいです。

ノートパソコンなんてあんなに薄くなるなんて想像できましたか?

ここまで速く情報処理できるようになるなんて想像できましたか?

ほとんど本物と変わらないくらいの画質を処理できるなんて想像できましたか?

 

これからの時代、ネットを使わないだなんてそもそもありえないわけです。

ネットを使わずに生きていくのも手だとは思いますが、
そんなことは現実的に不可能です。

 

インターネットを使う、ということは情報社会に生きるということです。

SNSだったり、ブログ、いろんな情報をシェアします。

そんな中「知らない」という事実は人生のディスアドバンテージです。

 

知らないことで先を越される感も味わうことになるでしょう。

えーいいなぁ。

こんな単純な気持ちが、あなたの人生の質を下げます。

 

今の生活でいいんだこれで、今の自分でいいんだ。

そう思ってらっしゃる方は、今は良いでしょう。

世界が変わっているのに、あなたが変わらないというのは、
自分がそれに気付いた時にはもうすでに手遅れです。

しかもあなたがネット社会に関与している限りね。

 

そういうマインドのままですと、あなたのQOLはますます下がっていきます。

テクノロジーが進むにつれ、ネット社会が広がり、
あなただけが一人だけ取り残されていくようになります。

 

例えばスカイプのようなオンライン通話。

これからはもっとリアルな電話になっていくでしょう。

そうなるとみんな実際に会わなくても良いという感覚になってきます。

しかし一方あなたがもしネットを使わないとなれば、
そういう機会も得られないどころか周りと価値観が違い、
実際に会いたいのに会えないなんてことがありえます。

 

悲しいですね。

 

ネットがない、オンラインを使わないという選択肢を取るだけで
ここまであなたの人生の質が左右されてしまうのです。

インターネットと生きる。

本当に大事なことなんですよ。

あなたの人生の質は上げ続けなければなりません。

このままでいいだなんて、すでに自分で下げているようなものです。

 

「知らないという幸せ」

こんなもの存在しません。

あなたの手でコンテンツ力を手に入れましょう。

コンテンツ的自由、本当にあなたの人生の質を上げます。

 

ざきやま

-生活の質向上