英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#117 姿勢からQOLを変える

2017/05/07


姿勢の良さが人生を大きく左右します。

あなたの労働時間や勉強時間は人生の14%である98,000時間だとされています。

(単純にNAVERまとめを見たのは内緒です。)

 

個人的にはもっと多いだろうという推測ですが、
それでもやはりこの人生の14%をほとんど座った状態である事実が大きいと思います。

座ったままの状態だとあなたのQOLがかなり下がります。

 

そもそもそんなに座らないといけないというのがQOLを下げている気がしますが…

そしてずーっと座ったままだと、どうしても姿勢が悪くなってしまいますね。

 

姿勢が悪くなることで、集中力が下がってしまいます。

集中力が下がってしまうとどうしても効率が悪くなり、
また勉強時間や労働時間が増えてしまいます。

負の連鎖が起こってしまいますね。

 

なんでしたらアメリカの Shine という女性向け雑誌で、
日中デスクワークをしている男女12万人を対象にした実験が行われ、
なんと死亡率にまで関係してくることが分かりました。

1日に6時間座り続けた女性は3時間未満しか座っていない女性よりも
死亡率が37%も高くなり、男性は少し減って17%高くなるだとか…。

長時間座ることで死亡率がここまで上がります。

 

しかし座ったままなのはどうしようもない、しかし集中力も下げたくない。

そうなると姿勢を正すしかないわけです。

背筋をピンとさせ、頭もしっかりまっすぐにし、膝と腰も90°…

 

しんどくないですか?笑

 

それをするのも、もちろん大事なのは分かるんですけど、
普通に考えて無意識にどんどん姿勢が悪くなるのは見えています。

 

とすればイスを良くするのも手なわけです。

ざきやまはイスや家具、家電など見るのが好きなのですが、
どうせならやはり良いイスが欲しい…。

 

いろいろ安くて質の良いものを探していたのですが、やはりなかなか見つからない。

有名なのがアーロンチェアですが、あれはやばいです。

本当にQOLかなり上がります。

 

しかしほとんどの人が15万円もするような物に手を出せるとも思えません。

ざきやまもかなり欲しいんですけど。

 

しかし覚えておいて欲しいのはそういうことです。

QOLを上げるためには、衣・食・住の質を上げることだと散々言いました。

そしてそのビバレッジを上げるのは英語力。

 

そして今回はその「住」にあたる家具についてですね。

たかがイス、されどイスなんです。

あなたの質を格段に上げます。

 

人生のどの部分を上げるかはあなた次第です。

しかしながら、この根本というのは一生どんな時代になっても変わりません。

人間は日々成長していますが、QOLの上げ方は一緒なのです。

 

姿勢を良くして、英語の勉強もはかどり、
英語力によるコンテンツ的自由を手に入れ…

まさに正の連鎖です。

 

単に他の人と同じように座ったままだと負の連鎖が起こるのに、
姿勢を良くしたりイスを変えることで正の連鎖に変わるんですよ。

本当にささいなことなんです。

それでもあなたのQOLを格段に上げます。

 

ざきやま

-生活の質向上