英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#104 アメリカの大学卒業間際に語学学校を受けてみた

2017/04/11


ざきやまは実は、大学卒業間際に語学学校に通うはめに…。

いろいろあるのでそれに関しましては割愛させていただきますが、
語学学校で何を学ぶのか…

英語が堪能な、しかも言語学を学んでいるざきやまから見て、
本当に語学学校での授業が役に立つのか…

 

気になりません?

 

今回もいつも通りガチで書かせていただきました!

 

ざきやまの受けた授業はリスニング
日本人にとって一番どうやって勉強するのか気になると思います。

内容は大きく分けて以下の3つです。

  • TED Talk — 要約、聞き取りテスト
  • 言語学(発音)  音韻学
  • ボキャブラリー(単語) — 確認テスト

これを8週間で完結させるカリキュラムとなっています。

 

文字に書き起こしただけで十分、十分理解できたと思うのですが…

1人でもできるじゃん。

 

TED Talkの要約、これだけは少し添削が必要かもしれませんが、
それはリスニング力に関してそこまでマイナスポイントになりません。

言語学、特に音韻学といって音の勉強、
これも少しググればたくさん出てきます。

ボキャブラリー、当然ですけど単語帳でも文章でも覚えれますよね。

 

これしかも、実は一番上のクラスです。

講師は毎回ヒマな感じで「さぁ単語やるよーTED見るよー」と、
その本人がいなくても良いレベルで教えています。

これでリスニング力が上がると仮定すれば、わざわざ語学学校に通う価値がありますか?

 

次は値段について見てみましょう。

この授業だけで言いますと、2単位ですので

$1,029.54 / credit hour × 2 = $2,059.08( = 227,474.80円)

 

日本円で22万5,000円、これを4、5ヶ月で支払うわけなので、
月に4万〜5万円、リスニングの授業だけにこの大金を払うことになります。

留学生は12単位以上を取らないと学生ビザ剥奪になるので、これの6倍に。

さらに生活費や食費、交際費、まず行くためのフライトチケット代…

 

本当に価値がありますか?

ざきやまには全く価値がないようにしか思えません。

 

もっとショックなことを言いましょう。

現地の語学学校の講師たちというのは基本的に、Second Language Studiesという
第2言語に関する勉強をしてきたプロフェッショナルな人たちです。

しかしながら、ざきやますらショックな出来事がありました。

 

先ほど、言語学の音の勉強もするとお話しましたね。

この内容がまるで間違っていました。

ざきやまは授業を受けながら、嘘だと言ってくれ!と心の中で叫んでいました…。

 

こんなことがありえるとか、ひょっとしたら可能性としてとか、
そういう推測の話をしているわけじゃないんですよ。

海外で語学学校に通うと100%失敗します。

 

ひょっとしたら語学学校に通っている人たちは、
自分のレベルが低いがゆえに講師のレベルに気付いていないのかもしれません。

それって簡単に言えば、詐欺に自分から引っかかりに行ったようなもんですよね。

誰も悪くない。

だから余計に厄介なんですよね。

 

どうですか?

それでもまだ海外に語学留学したいですか?

そのお金でざきやまなら、好きな女の子と
ちょっと良いレストランで食事とかしたいですけどね。

お金と時間、本当に大切ですよ。

 

ざきやま

-英語学習