英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#99 4月2日は真実の愛を告白する日

2017/04/02


イギリスをこよなく愛する男ざきやまでございます。

4月1日は言わずと知れたエイプリルフールの日ですよね。

 

中世ヨーロッパにおいて、フランスでは新年を4月1日とし毎年お祝いをしていました。

ところが、1564年フランス国王シャルル9世によって、
今では慣れ親しんだ1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用するようになり、
それに反発した人々が4月1日に「嘘の新年」として祝うになります。

シャルル9世はこれに対し怒り、嘘の新年を祝っていた人々を、
老若男女問わず片っ端から処刑してしまいました。

しかしなんと当時13歳の少女までも処刑にされてしまいます。

フランス国民は彼女の死を悲しみ、これからも忘れないために、
その後も毎年4月1日を祝うようになっていきました。

起源は確かではありませんが、これがエイプリルフールの始まりだとされています。

※ちなみに英語ではApril Fool's Dayなので、April Foolは「騙された人」を指します。

 

 

そんなエイプリルフールですが、翌日の2日はどんな日かご存知ですか?

True April Fool's Day といって、嘘で遊んだ次の日は真実しか言ってはいけない日となっています。

そんなTrue April Fool's Day、本当の気持ちを伝えるということで
イギリスではこの日にプロポーズをする人が多いだとか…。

なんともロマンチックなお話でしょうか。

 

 

イギリス紳士を尊敬するざきやまとしましては、
これはすごく感激しております。

 

 

 

 

よくできた嘘だなぁ。笑

 

いやぁー騙されましたよ、まんまと。笑

普通に読んでて何の疑いもなく「えーそうなんや!」と思ってしまいました。

このネタ自体がすでにエイプリルフールのネタで、
Twitter上で上記のアカウントの方が発端のようなのです。

RTの数、なんと1万以上。笑

 

 

ざきやま1年間イギリスにいましたけど、確かに聞いたことなかったなぁと。笑

やっぱりエイプリルフールはこう面白くないとダメですよね!

 

ざきやま

-英語学習