英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#75 幸福は伝染する

2017/02/12


前回、他人に自分だけのスキル・情報を与えれば対価としてお金が得られるというお話をしました。

#74 あなたをお金に換算してみましょう

もう一つ、大事なことがあります。

あなたは、幸せを運ぶことができるんです。

 

「何宗教じみたこと言ってんのこいつ?」

「スピリチュアル!とか叫ぶんか?」

 

と思いの皆さま、しばしお待ちを。

一つ、例え話をさせていただきたいと思います。

 

外国人のお友達が日本に今度来るということをあなたは知りました。

彼は富士山が見たいと、綺麗な富士山を写真に収めたいと言っています。

インターネットで彼なりに調べて、富士山のある静岡県のスポットを
英語のウェブサイトで探してきたそうです。

しかしあなたは、山梨県側の富士山がツウであると知っています。

そこで彼をサプライズで静岡県側に連れて行かず、山梨県側に連れて行くことにしました。

始めのうちは、彼も少し疑いを見せていましたが、
いざ富士山を目の当たりにすると非常に感動していました。

 

 

海外から「富士山」というワードだけを頼りに来た友人に、
静岡側・山梨側なんて発想ができるでしょうか?

 

考えてみてください。

シカゴはディープディッシュピザが有名と知って、
あなたがアメリカのシカゴに旅行に行こうとしますよね。

あなたは本当のシカゴ市民だけしか知らないような
美味しい美味しいポットパイピザのことなんて知るよしもないわけです。

 

つまり今回のケースに話を戻しますと、
日本人であるあなたの情報が海外の友人にとって価値があったわけです。

「知っている」

たったこれだけです。

しかしその結果、友人に感動を与えたわけです。

 

相手が外国人なだけで、これが日本人相手だったらどうでしょう。

あなたが英語のコンテンツを提供して友達や周りの人たちを
幸せにすることができるかもしれないと思いませんか?

 

何も貴重な情報がお金になるというだけの話ではないのです。

コンテンツ的自由は幸せも運ぶことができるんです。

たかがコンテンツ、されどコンテンツと言いますか…
ここに人との関わりの大切さを感じます。

 

英語力でそのコンテンツを無限に広げれば、
あなたは簡単に世界中に幸せを運ぶことができます。

言語を学ぶということは、海外の人々との架け橋になるということです。

あなたも幸せを運ぶ架け橋になってみませんか?

 

ざきやま

-生活の質向上