英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#58 できないと思った時点で負け

2017/01/09


ざきやまの好きなイチロー選手の名言に、

スゴイ、と思ったら勝てない

というのがあります。

どの場面でおっしゃったのかは分かりませんが、
人間の深層心理をついた一言だと思います。

 

自分とこの人は違うんだ…

そう思った時点であなたの思考が停止してしまいます。

そんなマインドじゃ、まず勝てないですよね。

 

まず自分を信じること。

ここから全ては始まると言っても過言ではありません。

自分はできる。

たったこれだけを本気で思うかどうかだけで
これからの結果が全く変わってきます。

 

自分に英語が話せるわけがない…

英語は賢い人しかできない…

自分は留学行っていないし…

 

これでは話せるようになるわけないですよね。

自分に足りないものがあれば努力する、
これをするためのモチベーションは必要です。

 

やれば自分は英語が話せるようになる。

英語は賢くなくてもできる。

留学行かなくても喋れるようになる。

 

こう思って頑張っている人の方が明らかに成功率が高いです。

ネガティブな感情になってしまう時というのは決まって、
目の前に壁を感じた時です。

その壁を越えられないと思い込んでしまって諦めてしまうのです。

イチロー選手はこうもおっしゃっています。

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。

越えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

チャンスを逃している人生ってすごくもったいないですよね。

きっとあなたができないと思った瞬間、
他の誰かはチャンスだと思っています。

成長できる瞬間だと受け入れています。

まずは自分はできるんだ、と信じることから
始めてみるだけで大きな違いが生まれると思います。

 

ざきやま実は運動神経は良くありません。

それでもここまでラグビーがうまくなれるというのは、
自分を信じて努力した結果だと思っています。

ざきやまは決して賢くありません。

それでも家族の支持と自分を信じて頑張った結果、
元偏差値30でもこうして有名な大学に編入できたんだと思っています。

 

自分を信じる、たったこれだけシンプルな成功法って他にないと思います。

自分を大切にして、もっと信じてあげてください。

 

ざきやま

-マインドセット