英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#54 夢はなくてもいい

2017/01/01


夢は何ですかと聞かれて、あなたは答えることができますか?

実際、夢を持っていない人の方が大多数なのが現実です。

夢の定義ってそもそもなんでしょうか。

 

ざきやまが考えるに、夢とは欲望の最上級だと思います。

ありえないことだけどしてみたい、
だからこそ「夢」なんだと思います。

でもそれって皆さん持ってるんじゃないですか?

買い物した時、あれもこれも欲しい、
高級レストランにもっと行きたい、
好きなバンドのライブもっと行きたい…

 

「いや別にそこまでやりたいって思わない…。」

 

そんな人には実は理由があります。

以前#42 やりたいことが無いのは知らないからという記事を書きました。

本当にその通りで、特に欲望がない人ほど"何も知らない"人が多い傾向にあります。

 

逆に夢を持たないことでプレッシャーを感じている人もいます。

夢はある方が良いんですけど、なくても良いんです。

だってそれって、ただ「知らない」だけだから。

 

どちらにせよ、新しい世界というのはあなたの価値観を刺激します。

新しい世界を知れば知るほど「知りたい」という好奇心が
あなたの心を動かし、人生が楽しいという状態になります。

そしてざきやまが提唱しているのは、英語力によるコンテンツ的自由でしたね。

「夢を持たないと」と感じている人ですら、
一度「英語の向こう側」を見てしまえばその世界に夢中になり、
案外夢を持っている人がこれっぽっちも羨ましくなくなるものです。

 

海外では日々たくさん新しい情報、それだけでなく新しい商品なんかが世に出ています。

日本語サイトで買うより、英語のサイトで買う方が安かったり、
もしくは、英語のサイトでしか手に入らない物もたくさんあります。

その魅力は実際に自分の目で見たり確かめたり、
知らないと楽しめないことが世の中にはたくさん溢れているんです。

 

「趣味を増やす」

ただこれだけでもかなりQOL「生活の質」が上がります。

知らないことを知ることは、それだけ影響力があります。

世の中の無数のコンテンツに夢中になることで
日々の人生が楽しくなってくるんです。

 

英語ができる、たったこれだけで人生の質を上げることができるのは
他にはないと言い切れます。

楽しい生活してみたいと思いませんか?

案外すぐそこにあるんですけどね。

 

ざきやま

-生活の質向上