英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#51 将来の自分に投資するという感覚


今回は「自己投資」する大切さについてお話したいと思います。

 

就職のために良い大学に進学する、
良い大学に進学するために勉強する…

こんな風に教えてもらった人がほとんどだと思います。

 

そして現在、英語を勉強している人にも似たカテゴリーが見られます。

  • 就職・キャリアアップのためにTOEICを勉強する
  • 海外留学のためにTOEFLを勉強する
  • 大学受験のために受験英語を勉強する
  • 海外に住みたいから永住ビザのためのIELTSの勉強をする

 

もちろんこれだけでなく、心から英語が好きで勉強している人だっているのは知っています。

Geniusの辞書をパラパラめくって英語勉強している友人もいます。

そういう人はやっぱり特殊ですよね、
英語学習自体に楽しさを見出しているわけですから。

今回はそういう人ではなく、
勉強のための勉強をしている人に対しての警告です。

 

僕はTOEICの勉強が無意味だなんて思ったことはありません。

むしろ社会人には必要な英語力で、事実英語力の向上につながっているからです。

ただ、学習者のマインドに問題があります。

就職のためにTOEICを学習する、
つまり就職してしまうと終わりという
クローズドエンドの学習姿勢が無駄だということです。

 

対してざきやまの提唱しているのは自由のための英語

コンテンツ的自由を求めて、人生を楽しくするための英語学習は、
オープンエンドとなり、意味のあるものになっていきます。

 

常にその先の、将来の自分のために今英語を勉強する
という投資する感覚というのは非常に大事です。

マインドを変え、環境を変え、そうすることで
あなたのやりたいことの本質を捉えることができ、
結果あなたの生活の質、価値が主観的にも客観的にも上がります。

 

就職のために、テストのためだけに英語を勉強するのは非常にもったいないです。

もう少し見る目を変えて、英語の向こう側を覗いてみませんか?

 

ざきやま

-マインドセット