英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#36 こんな英語学習者は危険

2016/09/17


さて今回は英語ができない人とはどんな人か?についてお話したいと思います。

以下のリストに一つでも当てはまれば、危険信号です。

 

  • 単語力があまりないけど、類推するのはできる。
  • 文法に対して苦手意識がある。
  • 中学英語で英語は喋れると思う。
  • 文法できなくても喋ればいいと思う。
  • 相手に伝われば特に問題はないはずだろう。

 

こういう考えのままでは非常に危ないんですね。

だってこういう考えで実際に喋っている日本人って、
ハーフとかインターナショナルスクールに通っていたとか、
現地で生まれたり育ったりした人だけですもん。笑

 

でもそれで英語ができるならいいと思います。

見える世界は狭いですけどね。

ディズニーランドの入り口の外から中をちょこっと覗いている感じです。

夢の国はそこにあるのにね。



ざきやまが提唱しているのは「生活の質の向上」であって、
英語がちょろっとできるようになることでは決してありません。

英語をきちんとできるようになってもらうのが前提でかつ、
その先の向こう側の世界を見てほしいというのがざきやまの目的です。

 

話を元に戻しますが、英語ができない人っていうのは
必ずどこかにできない理由を求めています。

#30 諦めの科学

 

そして必ず楽な方に流れてしまいます。

仕方ないですよね、人間だもの。

あとはあなたがどうしたいかだけだと思うんです。

以前に英語がもたらしてくれる世界観をお話しましたが、
これを手に入れるか入れないかで60倍も違います。

するかしないかは、あなた次第。

#27 英語で生きる力を60倍に

 

そして何度も言いますが、やり方はとてもシンプルです。

単語と文法を終わらせて、アウトプットしまくりながら
同時に、常に単語と文法のインプットも続ける。

 

やり方がわからない人はまたこちらに戻って見直してください。

それでも分からない、質問がある方は
こちらからご質問していただければ大丈夫です。

 

ざきやま

 

-英語学習