英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#35 川﨑宗則選手から見るQOL

2016/09/15


川崎宗則、通称「ムネリン」。

言わずと知れた、日本人メジャーリーガーですよね。

 

彼は、2016年1月21日にメジャーリーグチーム、
シカゴ・カブスとマイナー契約を結び直しました。

もうチームにとってかけがえのない存在となっています。

 

とりあえず川崎選手の英語力を見てください。

 

どうです?

ひどいもんでしょう。爆笑

「I have two books, bro」で締める川崎もう最高です。笑

 

彼の英語力は相当低いですが、
明らかに彼はチームの中心にいてムードメーカーとなっています。

 

そして彼は何でマイナー契約までもして、
全然英会話もままならないというのに、
海外にこだわる理由がどこにあるんでしょうか?

 

答えは簡単なんですね。

彼は英語の向こう側の世界を知ってしまったからです。

 

彼は確かに英語はできません、でもそれに代わって
野球で補っているんだとざきやまは考えています。

 

スポーツは世界の壁を乗り越える何かがあります。

サッカーができれば、ラグビーができれば、
はたまたスポーツだけでなく何かギターやドラムができれば
当然のように仲間は簡単にできるでしょう。

 

英語ができなくても世界の壁を越えることはできます。

そして彼は向こう側の世界を知ってしまった…
もう帰れないですよ元の世界に。

 

彼自身、英語を喋るようになることが夢です!と言っています。

 

「I have a dream. My dream is speak English and world champion with you!!」

そしてアルマゲドン…

この意味分からん感じがチームメイトに愛されているんでしょうね。笑

みんなハチマキしてるし…。笑

 

みんなムネが大好きなんです。

この世界こそ、彼がメジャーに挑戦して得た宝物ですよね。

 

そして、英語ができればもっとその世界観が広がることを
彼なりに感じているのも事実です。

英語の向こう側の世界、あなたも見てみませんか?

 

 

PS.

川崎選手が海外のインタビュアーたちを爆笑させてる動画はこちら。

 

もう腹がよじれるんですけど。爆笑

 

PPS.

この「Monkey never cramps」動画もお気に入りです。笑

 

愛される人間っていいですよね。

これが彼の人間力であり、QOLなんだと思います。

 

ざきやま

-有名人・偉人