英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#34 知らない世界へ飛び込むメリット

2016/12/13


ざきやまがいつも提唱しているのは、英語の向こうの世界です。

知らない世界を見ることによってあなたの価値観を刺激し、
人生を楽しくさせる「自由」を手に入れるために、
これからのネット時代に英語が必要不可欠であるということです。

 

むしろ、分かりきった世界に飛び込む方がリスクであると言えます。

なぜか?

 

例えば、大企業にうまく就職できた人のリスクを考えましょう。

 

「え、大企業に就職できたんでしょ?いいじゃん。」

 

台本通りのご意見ありがとうございます。笑

もちろんどこに就職しても同じでしょうが、
大企業に勤めるとなると何が一番のリスクか…。

 

リストラですよね。

受験勉強を勝ち抜いてきて良い大学に進学して、
就職活動を勝ち抜いて良い大企業に内定をもらって…

そんな矢先に待っているのがリストラ。

 

将来楽するために勉強しなさいって、誰か言ってませんでした?

とんだ嘘じゃないですか。笑

海外有名大学に通うざきやまが今現在
なぜ学歴が社会で意味を成さないのか、
そして本当に必要なものは何かが見えてきました。

 

勉強するのは当たり前、ただこれからの時代で大事なことは
その勉強があなたというアイデンティティをどう構築しているか。

これを知る必要があります。

 

言い換えれば、消えない何か。

学歴や仕事などの肩書きによって変わらない、
「あなた」という人間力。

これをどんどん伸ばしていく必要があります。

 

先ほど大企業に勤めるとリスクだと言いました。

リスクマネジメントという言葉を聞いたことはありますか?

分かりやすく言えば、あなたがたとえリストラにあっても
あなたの実生活に大打撃を与えないようにすることです。

 

例を挙げれば、副業も一つのリスクマネジメントですよね。

起業も別にしたっていいわけです、バレなければ。

というより会社はあなたの人生まで保障しませんよ、
だったらあなた自身であなたの人生は守らなければなりません。

 

起業の方がリスクじゃないのか。

それは実際に店を持ったり、実物的な起業であれば
もちろん失敗すれば負債はとてつもない額になるでしょう。

一方、ネットを使えば店を持つ必要がないわけです。

例えばヤフオク、自分は商品を買い付けて注文に応じて送るだけ。

店を持つ必要はないわけです。

 

ね、そんなの全くリスクではないわけです。

例えば月20万円を本業で、副業で月10万円収入があったとすれば
仮に本業でリストラにあったとしても月に10万円入ってくるわけです。

 

別に副業の収入口は1つである必要もないですよね。

2つでも3つでも少額ながらも持っていれば、
それがリスクマネジメントになってしまうわけです。

 

分かります?知らない世界は開拓し甲斐があるんです、しかも自由に。

もちろん知識や経験も必要です。

 

なんでこんな逆転劇が生まれるか?

簡単な話ですよね。

だってどう見てもやったかやってないかですもん。

 

留学でも同じですよ。

情報の多いカリフォルニアの学校に行けば、
当然日本人も多いし、アジア人も多いでしょう。

最悪な場合、日本語で生活できるかもしれません。

 

一方ざきやまのいるインディアナ州、
日本人に出会うことなんてまぁありません。笑

情報の少ない場所に来たからこそ
アメリカ人と触れ合う機会も増えましたし、
英語力もグンと上がってきているわけです。

 

そして一つ言えることは、
運というのはあなたの知らないところから降ってきます。

思いがけないところから。

それは誰も手に入れることができない、
あなただけの運です。

 

ラグビーの神様に出会えたことも一つでした。

7人制ラグビーの神様、ワイサレ・セレヴィ(Serevi Waisale)。

彼に出会えることなんてまずありえなかったのに、
ひょんなことで出会えてしまえたんです。

 

あなたが知らない世界に飛び込み、
あなたがあなたを信じ続けて、
あなた自身が頑張り続ければ必ず、
あなただけに奇跡は起きます。

そして英語というのは、そのビバレッジを最大限に広げてくれます。

そこで今まで勉強して構築してきたあなたの人間力が活きてくるはずです。

世界は広いですよ、そして美しい。

 

ざきやま

-生活の質向上