英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#29 学習は常にオープンエンド

2016/09/03


学ぶということに、終わりを設定することというのは
非常に脳に悪影響を与えるものだと感じています。

なぜなら成長を止めた途端に、人間は死んだも当然だからです。

 

「何のために生きてるんだろう…」

人生に楽しみを見出せないせいで、
そんなことを思うようになってくるはずです。

 

「日々成長」

 

ざきやまの師匠がいつもおっしゃってた言葉です。

常に学ぶことを忘れなければ、日々何か
感謝や喜びも同時に見つけることができるはずだ
ということをおっしゃっていました。

 

そして学びこそが脳に一番良い影響を与えるということは
脳科学ではすでに証明されている科学的事実です。

 

脳科学で有名な茂木健一郎先生、Twitterでも日記でも常に
「すべての英語学習者に、言語のオープンエンド性に身をさらすことをお薦めする」
とおっしゃっています。

 

 

 

つまり学習とは「好奇心の探求」なのです。

終点のない電車と同じです。

道中の景色を楽しむことで、かけがえのないものを得れるものです。

 

 

脳科学者のダニエル・アーメン氏も、過去にTEDxOrangeCoastにて
脳があなたの人生を変えるというタイトルでスピーチをしています。

 

他に何があなたの脳に良いのか…
前向きな、ポジティブな人間関係を築くことです。

信じられないですよね、あなたがどんな人と親しく付き合っていくかが、
あなたの寿命を決めるだなんて。

興味深いと思いませんか?
もしもあなたが健康的な習慣を持っている人と過ごしていれば、
あなたはそれを真似するようになります。

なぜなら人というのは伝染しやすい種族だからです。

もしもあなたが不健康な習慣を持った人と付き合えば、
あなたは早死にするでしょう。

誰と関わっていくべきか、もっと真剣になってください。

新しく学ぶこと、すなわちTEDはこれに関してパーフェクトなわけです。
あなたが何か新しいことを学ぶ度に、あなたの脳は新しい回路を作ります。

あなたが学ぶことを止めると、
あなたの脳は脳内にある回路を自ら解き始めてしまいます。

TEDxOrangeCoast - Daniel Amen - Change Your Brain, Change Your Life (6:20-7:04)

 

アーメン氏は脳と健康の関係性について述べているわけですが、
学びの重要性もたくさん主張しています。

日々何か発見することがあなたの人生に刺激を与えるというのです。

例えば、あなたの住んでいる街でもいいんじゃないですか?

「あ、こんなところにカフェできたんや。」
「ここゆっくりするのに良い場所だなぁ。」
「うわ、こんな穴場見つけた。ラッキー!」

散歩して見つける発見も、きっと少なくないはずですよ。

 

それだけでなく英語もそれに適しているということです。

なぜならあなたの知らない世界が無限に広がっているからです。

 

英語という電車に乗って、終わりのない旅に出かけてみませんか?

 

PS.

ダニエル・アーメン氏のTEDスピーチも載せておきますね。

字幕付きですので、リスニングの練習に適していると思います。

 

PPS.

このスピーチに関する日本語訳を見つけました。

ダニエル・アーメン氏は6万人規模の研究から
リラックスが脳に良い影響を与えるということは
真っ赤な嘘であるとも述べています。

「瞑想するとリラックスする」はウソ! 6万人以上の脳をスキャンしてわかった、脳に効く生活習慣

 

ざきやま

-有名人・偉人