英語で誰にも捉われない自由を手に入れた元偏差値30の体育会系落ちこぼれのブログ

偏差値30の元落ちこぼれが、アメリカ有名大学に一発逆転。5年間の挫折を味わった凡人だからこそ分かった、本当の意味での自由を手に入れるための方程式を大公開。

#12 リスニングのメカニズム

2016/07/31


日本人はリスニングやスピーキングが苦手だと言われています。

今回はその本当の理由と、その解決策をお話したいと思います。

 

一番覚えておいてほしいことは知らない音は聞こえないということです。

そしてそれを今回は、聞き流すだけでいいという
スピードラーニングを引き合いに説明したいと思います。

 

仮に聞くだけでどんな音か分かる、ということはすなわち
意味は分からずともその音をそのまま真似することができるということです。

しかしそんなことってできませんよね。

リンゴの英語 Apple 一つ取っても、Aの発音は [ア] じゃないわけです。
このAの発音記号は [æ] という、アとエの間みたいな音なんです。

つまり「音を知る」ということは、リスニングにはとても大事なわけです。

 

そしてそれは裏を返せば、知らない単語は聞いても分からないんです。

単語を学ぶ際に、発音しながら覚えるのが主流だと思いますが、
発音しているということは少なくとも音は知っているわけです。

最近の単語帳はCD付きですので、ネイティブの音は分かるはずです。

発音してねぇよっていう人は、今からでもいいので始めてくださいね。

 

リスニングをする前に単語量を上げることは非常に大事だということです。

つまり聞き流すだけでいいというスピードラーニングは、
もはや馬の耳に念仏で、全く意味がないんです。

甘い謳い文句には、必ず何か裏があるんですよね。

 

以前にも言語を学ぶプロセスをお話しました。

#3 英語とは科学だ

 

 

必ずインプット(学ぶ)からアウトプット(使う)の順番で学習します。

 

映画を観るときもそうです。

字幕なしで観ても、分からない単語は分からないままです。

英字幕を付けて初めてどういう単語が分かり、
意味が分からなければ調べることもできるわけです。

 

単語と文法というインプットはとても大事なんです。

これからもコツコツ頑張っていきましょう。

 

PS.

巷では「周波数が違うから」という商売文句の
参考書がいろんな書店で並んでいますが、
科学的に嘘なのでそういうのに騙されないようにしましょう。

医者が書いた、とかデタラメ並べて購買を促す。

科学的根拠を並べるのは良い商法ですが、嘘はダメです。

正しい情報を得るということはやっぱり大事ですね。

 

ざきやま

-英語学習